家族葬から一般葬・社葬まであらゆるお葬式にまごころを込めて対応いたします。

大阪祭典

お急ぎの方はこちら 24時間365日受付中

0120-04-1313
OSプレミアム会員

大阪祭典の葬儀

想いをカタチに・・・
お客様が言葉にできないコトバをくみ取り
様々な想いをカタチにさせていただきます。

あなたはお葬式をどうあるべきだと考えますか?
大阪祭典のお葬式には、決まったシナリオはありません。
変えられないもの、大切にしたいものはたくさんあります。
お客様の想いはそれぞれ、あなたが故人様を想う気持ち。
そのカタチが納得のできるお葬式ではないでしょうか。

想像から創造へ・・・
会場を彩る装花の一輪から、故人様をお送りするBGMの一曲まで、
大阪祭典はお客様が言葉にできない想いをくみ取り、ともに考えカタチにします。
ひとつひとつ創りあげていく「オートクチュール」のように。

大阪祭典は創業半世紀、大阪の地において年間5,500件を超える葬儀に携わっています。
こだわりも、漠然としたイメージも。まずは全てわたしたちにお話しください。
大阪祭典では伝統や歴史を尊重しつつ、お客様の想いを大切に、
家族葬から社葬まで、あらゆるお葬式にまごころを込めて対応いたします。

「想いをカタチに」 大阪祭典の葬儀

大阪祭典は創業以来、お客様の想いをカタチにするお葬式を行ってきました。その一部をご紹介いたします。

エピソード01「思い出の音色に囲まれた音楽葬」

故人様のお好きな音楽に囲まれた空間で最期を送る 自分の朽ちた姿を見せたくない。生前好きだった「ハレルヤ・コーラス」で見送られたい。
そう聞いていた奥様の想いをカタチに、カセットテープや年表などの思い出の品を展示。もちろん故人様のお好きだった音楽をBGMにして最期をお見送りいたしました。
喪主さまには、「音楽葬」と名付けたこの葬儀の想いを参列された皆様に語っていただき親しみのあるあたたかな雰囲気に包まれました。

エピソード02「通い詰めた大好きなカフェで社葬」

とにかくオシャレで明るい会社役員様。
結婚式のような笑顔に包まれた1日を。
結婚式も執り行われるカフェレストランで社葬(お別れ会)をプロデュース。
施主である社長様と趣旨・目的をしっかりと定義し、取引先様に感謝の念を伝えることと故人様の軌跡を偲び、教会をリメイクしたオシャレな空間に生前着用していた蝶ネクタイや、会社の歴史と共に歩んだ活躍の歴史"自分史"をパネルで展示。現場が好きで、やさしくて明るい人柄で皆から慕われていた故人様。社内だけでなく取引先から300名近い多くの方が参加されました。

エピソード03「大好きだった花」

フラワーコーディネイターによるこだわりの祭壇 故人様の大好きだったお花。
趣味がガーデニングだったというお伺いしお庭に咲いているお花を祭壇にご使用いたしました。大阪祭典には専門のコーディネーターが、オリジナリティ溢れるものから多彩なプランまで、ご要望に応じてコーディネートさせて頂きます。

エピソード04「その瞬間がくるまで、考えたくない」

大切な方との最期の時間を、後悔なく過ごすための第一歩。 「その瞬間がくるまで、考えたくない」
「その瞬間が来たら、何も考えられない」
親戚からそう聞いていて、葬儀社の事前相談会に複数行きました。大阪祭典はひとつひとつ納得しながら決めていくことができ当日に慌てることなく過ごすことができました。大切な一日だからこそ、事前準備をしっかりと行うことができて良かったです。

残された時間に向かいあうと「見えてくること」

突然の別れに慌てることがないように。限りある時間を大切にするために。
事前相談をおこなう事で前もってのご準備や相談ができ納得できるご葬儀をおこなう事が出来ます。
まずはお電話ください。あなたの街の大阪祭典をご案内いたします。

「先立つあなたへ」私が後悔している10のこと

  1. ① ずっと先延ばしにして、実現しなかった温泉旅行
  2. ② 楽しみにしていた孫の顔を、
    結局みせてあげられなかった
  3. ③ もっと早い段階で、
    身体の不調に気づいてあげていたら
  4. ④ 甘えから、きつい言葉を投げつけたこともある
  5. ⑤ おふくろの味をちゃんと習っておくべきだった
  1. ⑥ 歩んできた人生とか夢とか、
    聞きたいことがたくさんあった
  2. ⑦ 遊びや仕事を優先させて全然、親孝行できていない
  3. ⑧ いくつになっても心配ばかりかけていた
  4. ⑨ こんなことなら、もっとそばにいればよかった
  5. ⑩ 「ごめんなさい」も「ありがとう」も、
    まだ何ひとつ言えてないのに...

「いのちの期限を知って」 私が後悔している10のこと

  1. ① いつか、いつかと後回しにしてきた、
    やりたいことがたくさんあった
  2. ② 今年こそ会おうというばかりで、
    ずっと会えていない人がいる
  3. ③ 1度ぐらい、海外旅行がしてみたかった
  4. ④ 無理をしてでも昨年の春、桜をみに行けばよかった
  5. ⑤ 家が散らかったままで、読まれたくない日記もある
  1. ⑥ んなことなら、食べたいものを
    ガマンするんじゃなかった
  2. ⑦ わずかな蓄えで病院や葬儀の費用は足りるだろうか
  3. ⑧ 故郷の島にもう1度だけ帰りたい
  4. ⑨ 明日は当たり前にくるものだと思っていた
  5. ⑩ せめて、家族にちゃんと伝えたい気持ちが
    あったのに...

「先立っていった父へ」 私が後悔している10のこと

  1. ① 釣りがとても好きだったから、
    一緒にカジキを釣りに行きたかった
  2. ② 結局、叶えてあげられなかった。
    戦争の答えを探して、真珠湾に行きたがっていたのに
  3. ③ 自分が父親になって、
    はじめて理解できた気持ちがある
  4. ④ 借りてでも積み上げて、1回触らせてあげたかった、
    現金で5千万円!
  5. ⑤ いつか、いつかと思いながら、
    言いそびれてしまった言葉がある
  1. ⑥ もう2度と会えなくなるなら、
    1度でも多く会っておけばよかった
  2. ⑦ 病気でやめた大好きなお酒を、
    最後ぐらいはたらふく飲ませてあげたかった
  3. ⑧ 父の得意なモノマネをみて、
    もう1度家族みんなで笑いたかった
  4. ⑨ 明日は当たり前にくるものだと思っていた
  5. ⑩ 活躍する姿をもっと、ずっと。
    テレビの前で見守っていて欲しかった...
不安を安心に変えるために。大阪祭典の事前相談をご利用ください。
安心したご葬儀を行っていただくために、ご葬儀前のサポートも充実させております。事前相談、相続相談、生前のご予約などお客様が不安を少しでも和らげる努力をさせていただきます。料金、プランに関しましても、お客様が納得していただけるまでゆっくりと打ち合わせさせていただきます。

お電話や対面での事前ご相談例

  • 葬儀の不安を解消したい
  • 終活として備えておきたい
  • 葬儀費用の概算を把握したい
事前相談の詳細はこちら