家族葬から一般葬・社葬まであらゆるお葬式にまごころを込めて対応いたします。

大阪祭典

お急ぎの方はこちら 24時間365日受付中

0120-04-1313

参列者の方

参列時のマナー

参列時の服装について

参列時の服装は礼服で、これはお通夜でもご葬儀でも一緒です。
学生の場合は制服があればそれでかまいません。

男性の場合

黒のスーツが基本で、シングルとダブルはどちらがよいという決まりはありません。「仕事帰りで着替える時間がない」という方は普通のスーツでも問題ありませんが、 黒のネクタイは準備しておくとよいでしょう。

女性の場合

フォーマルスーツと呼ばれる黒のスーツか、ワンピースが基本となります。
アクセサリー類も基本的に真珠のネックレス以外はNGとされています。
夏場でも半袖・ノースリーブ等の肌が出るものは避けた方がよいとされます。

寒い季節にはコートの着用も問題ありませんが、式場に入る前に脱ぎ、手に持つかクロークに預けます。毛皮類を使ったコートは使わないように気を付けてください。

参列時の受付

一般的なお悔やみの言葉として「このたびは誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます」と声のトーンを押さえてお悔やみの言葉を述べます。その際、香典をお持ちであれば、受付けの方にお渡しします。

お悔やみの言葉として不適切な言葉
「重ね重ね」など不幸が重なることを連想させる言葉、ご遺族の悲しみを増長させる言葉、
「死亡」「急死」など直接的な言葉は使わないように注意しましょう。こちらから死因を話題にしないこともマナーです。

火葬場(斎場)への同行

喪主・ご遺族のご判断によります。必ず確認してください。